(+86) - 13825524136

自動車プラスチックから金属への最高のエポキシ接着剤の接着剤について知る必要があるすべて

数ブラウズ:0     著者:最高の電子接着剤接着剤メーカー     公開された: 2022-05-04      起源:https://www.deepmaterialcn.com/

自動車プラスチックから金属への最高のエポキシ接着剤の接着剤について知る必要があるすべて

プラスチックから金属への自動車接着剤自動車業界で使用される接着剤の一種です。この接着剤は、プラスチックと金属などの2つの異なる材料を完全に結合できます。

長い間、自動車事業部門に接着剤が適用されており、異なる効率を簡単に作成しています。高度な接着剤とシーラントは、通常、自動車産業のコンポーネントに異なるエリアに適用されます。これらの接着剤は、車両の組み立てで過度に使用されます。車両には結合されたプラスチックと金属が付属しているため、これらの自動車の接着剤を使用して、2つの非多孔質材料間の精巧な結合を作成できます。接着剤と接着剤の使用は、以前はファスナーと溶接に依存していた自動車プロセスを体系的に変換しました。また、自動車の接着剤は、車両の製品設計者に、より機能的および審美的なコンポーネントを追加する自由を与えています。

最高の電子接着剤メーカー(4)

自動車産業の進化

自動車産業の洗練による輸送は、現在の状態に非常に進化しています。金属接着剤への自動車接着剤プラスチックの利用可能性のおかげで、製品設計者がさまざまな自動車コンポーネントを妊娠できるようになりました。最新の車両用の駆動メカニズムとエンジンシステムは、急速に変化しています。馬の馬車から蒸気電力、内燃機関まで、電気自動車やハイブリッドまで。物事は大きく変わりました。車両エンジンの進化とは別に、外部のシャーシと建設も大幅に変化しています。


接着剤の進化

接着剤は、他の結合や絶食方法と同様に重要です。しかし、接着剤には、オブジェクトを固定および結合する他の利用可能な方法よりもさまざまな利点があります。長年にわたり、自動車の接着剤はゆっくりと進化してきました。接着剤は、車両の組み立てで金属部品とプラスチック部品を結合するために使用できます。高度な接着剤とシーラントは、重要かつ効果的に使用して、伝統的に使用されていた重要な機械的ファスナーを置き換えることができます。自動車部品を結合するためにエンジニアリング接着剤を使用する前に、機械的なファスナーの使用がありました。これらの機械的ファスナーは、自動車産業で伝統的に適用され、金属やプラスチックなどの機械的成分を一緒に保持していました。ただし、接着剤の使用は、機械的ファスナーの使用に取って代わりました。また、自動車用接着プラスチックを金属に使用することで、今日使用されている最新の車両に自由度を設計とプロトタイピングすることができました。


接着剤と接着剤の使用は、現代の産業プロセスの新しい傾向ではありませんが、これらの接着剤の適用の増加は革新的で画期的です。接着剤のアプリケーションの増加は、10年前には不可能な設計動向とスタイルを可能にするために使用できます。接着剤の使用の採用の増加を促進することは、車両アセンブリの進化し続ける世界での世界的なメガトレンドです。の適用に関してはプラスチックから金属への自動車接着剤車両には、接着剤とシーラントを適用できる領域がいくつかあります。


自動車産業で使用されているすべての接着剤はすべて金属製およびプラスチック製の結合に適しているわけではありませんが、車両アセンブリに接着剤の使用を止めていません。最新の車両のアセンブリには、幅広い設計された接着剤が使用されています。現在、電気自動車が利用できるようになったため、エンジニアリング接着剤の使用により、アプリケーションが増加していることがわかりました。接着剤は、接着の微妙な性質のため、車両の組み立てで非常に不可欠です。車両コンポーネントで使用される接着剤は、めったに見られません。したがって、それらは車両の快適さ、美学、性能にとって非常に重要です。


車両アセンブリの接着剤

自動車の接着剤は、特に独特の用途向けに策定された設計された接着剤です。接着剤のアプリケーションは、ほとんどのアセンブリ操作が完了した場所によって分類できます。この場合、車両のアセンブリの接着剤は、主にで使用できます。

トリムショップ:これには、装飾ガラス、サイドライト、フロントガラスなどの部品が含まれます。高性能アンテナ、テールランプ、ヘッドランプ、ドアハンドルなどのコンポーネントがあります。これらのコンポーネントはすべて、高度な接着剤の使用から利益を得ます。これらの場合、接着剤を使用してプラスチックを金属に接着できます。

エンジン:接着剤は、車両エンジンのアセンブリに適用できます。このようにして、エンジニアリングされた接着剤を使用して、一定の動きと極端な温度にさらされるコンポーネントを結合できます。これは、車両の他のすべての部分と比較して、エンジンセクションのパフォーマンス要件がわずかに調整されることを意味します。

ボディショップ:接着剤は、ほとんどの車両のボディショップで広く使用されています。リフトゲート、フード、ドアなどのハングオンコンポーネントを接着するために使用できます。部品のさまざまなパフォーマンス要件により、これらの要件を満たすために、エンジニアリングされた接着剤がそれに応じて生成されます。ここで使用される接着剤は、仕様によって駆動されます。これらの車両部品の多くの元の機器メーカーは、通常、これらの部品で使用するさまざまな種類のシーラントと接着剤を指定しています。


自動車用接着プラスチックから金属:メーカーの役割

接着剤メーカーは、車両の組み立てでさまざまな用途で使用するための幅広いエンジニアリング接着剤を策定することを知っています。接着剤メーカーは、ユースケースとアプリケーションに基づいて接着剤を生成します。これは、車両部品を接着するための接着剤の使用がさまざまな要因に依存していることを意味します。これらの要因には(ただし、これらに限定されない)が含まれます。

•接着される材料(プラスチック/金属)、

•ボンディングアセンブリ法(加熱された分配、室温、手動、または自動化)、および

•硬化のプロセス(冷たいまたは加熱された硬化)


また、基質/接着界面(結合ジョイント)のパフォーマンス要件を決定することが重要です。結合材料の位置に関して、パフォーマンスの要件を考慮することが重要です。接着部品は車両の構造体に配置されますか?彼らは一定の動きにさらされる場所にありますか?これらはすべて、ユーザーとメーカーによって考慮されるべきです。

最高の電子接着剤メーカー(17)

プラスチックと金属接続のような混合材料結合の場合、責任は製造業者にあり、自動車用接着剤に適切な特性を作成します。異なる材料が契約し、異なる速度で拡大することに注意することが重要です(例:プラスチック、金属、鋼、炭素繊維、またはアルミニウムなど)。自動車の接着剤の使用は、基本的に材料の拡張係数の違いを補うために使用できます。これは、これの接着剤がこれらの微分に応えるためのインターフェイスとして使用できることを意味します。

の詳細については自動車プラスチックから金属への最高のエポキシ接着剤、deepmaterialに訪問することができますhttps://www.deepmaterialcn.com/epoxy-adhesives-glue.html詳細については。

関連接着剤製品

deep deep

中国で最高の接着剤&接着剤メーカーでは、私たちの接着剤は消費者の電子機器、家電、スマートフォン、ラップトップ、そしてより多くの業界で広く使用されています。私たちの研究開発チームは、顧客がコストを削減し、プロセス品質を向上させるのに役立つ顧客のための接着剤製品をカスタマイズします。接着剤製品は迅速に配達され、環境に優しいと性能を確保します。

連絡先情報

モバイル:+86- 13825524136

ホームページ

著作権©DeepMaterial(深圳)有限公司