(+86) - 13825524136

エポキシ樹脂接着剤を金属にプラスチックに使用する方法:決定的なガイド

数ブラウズ:0     著者:最高の電子接着剤接着剤メーカー     公開された: 2022-04-26      起源:https://www.deepmaterialcn.com/

エポキシ樹脂接着剤を金属にプラスチックに使用する方法:決定的なガイド

適切なものを得るのが難しい場合がありますプラスチックへの金属のエポキシ接着剤。これは、関与するプロジェクトの種類のためです。さまざまなアセンブリプロセスに最適な接着製品を入手することを常にお勧めします。右の接着剤は、機能を確保するだけでなく、保守性も保証します。金属をプラスチックに接着することは、産業用アプリケーションで製品を組み立てる非常に一般的な方法です。金属とプラスチックは汎用性があり、優れた生産資料である可能性がありますが、非多孔質もあります。これが彼らを扱うのが非常に難しい理由です。どちらも簡単にアクセスしやすく、かなり耐久性があります。製品の完成要素として、それらには特別な特性があります。金属にはより多くの強度があり、製品の視覚的な魅力を高めることができます。特徴的な光沢のおかげで、金属は製品を作成するための重要な材料です。一方、プラスチックは依然として多用途の生産資料です。天気に非常に耐性があります。プラスチックは常に市場で安価です。これが望ましい生産資料になっている理由です。金属とプラスチックの両方の特性により、どちらも驚くべき製品を作成するために利用できることは明らかです。 2つの製品を組み合わせることをお勧めします。これは通常、複合材料を形成します。これは簡単に思えるように思えるが、実際にまとめることは必ずしも簡単ではない。プラスチックに金属を結合するのは複雑で挑戦的です。

最高の電子接着剤メーカー(15)

プラスチックに金属を結合する:不可能な作業?

右にプラスチックへの金属のエポキシ接着剤、金属とプラスチックの間に簡単に結合することができます。ただし、両方の材料を結合することは、複雑なプロセスになる可能性があります。接着に関しては、プラスチックと金属は非常に困難です。金属をプラスチックに接着するのは難しい場合がありますが、2つの異なる表面を接着することは非常に可能です。プラスチックに金属に適したエポキシ接着剤がある場合、これは問題ではないはずです。次の便利なヒントは、プラスチック材料に金属を接着する方法を示しています。

結合する表面を準備します。


ほとんどの接着剤や接着剤は、完全に滑らかな表面に固執することはありません。紙、布、または木材とは異なり、プラスチックも金属も、精巧な結合を形成するための適切な量の多孔性を持っていません。両方の材料は非多孔質であるため、ボンディングは通常、完了するのが難しいプロセスです。非多孔質の表面により、材料は接着剤を吸収することができません。これにより、強力で強力な絆を形成することは困難です。この問題を解決する主な方法の1つは、材料の表面積を増やすことです。これにより、接着剤は簡単に取り付けることができます。この手法は、サンディングのプロセスによって簡単に実行できます。これは、金属とプラスチックの両方に対して許容可能な表面調製技術です。このプロセスの正しい言葉は、擦り傷として知られています。滑らかな表面が擦り切られると、液体浸透のレベルを上げることができます。金属とプラスチックに多孔質表面を作成すると、異なります。プラスチックでは、これは通常の低景色サンドペーパーを使用することで実行できます。これは通常、粗い表面を作成するのに十分です。ハードメタルを使用している場合は、スチールウールに効果的なツールを見つけることができます。通常、プラスチックに金属を結合するための適切な表面を作成するのにそれほど努力しないことに注意してください。スチールウールまたはサンドペーパーでの数秒の治療がこのトリックを行います。


プラスチックへの結合金属:右のエポキシ接着剤の使用

次の段階は、金属をプラスチックに結合することです。これは、絆の強さを決定する必要があることを意味します。これは、プラスチックと金属の間に適切な接続を作成することを意味します。接着剤の結合強度は、プロジェクトの点で異なります。ただし、プラスチックプロジェクトと異なる金属プロジェクトには、さまざまな結合強度が必要です。債券の強度を決定する際に、製品の機能を知ることで決定します。


結合強度は目的の点で異なります。シンプルなおもちゃや家庭用製品から、産業用または商業用の製品まで。この場合、重要な例には、スチールパイプ(ウレタンシール)とアルミニウム車(ポリプロピレンパネル)が含まれます。これらのアプリケーションを使用すると、各部分の相対機能について考える必要があります。これにより、接着層が処理できるストレスを予測するのは簡単です。考慮すべきもう1つの重要な要素は、異なる材料間の弾力性の違いです。また、温度のさまざまな変化に対する金属とプラスチックのさまざまな反応を検討します。


プロジェクトにエポキシベースの接着剤を使用します

エポキシ接着剤は、非常に挑戦的なプロジェクトに使用されます。結合が強い接着剤として、エポキシ接着剤は通常2つの異なる部分になります。市場では、エポキシ接着剤は2つの異なる製品で入手できます。

•エポキシパテ、または

•2つの異なるチューブのエポキシ接着剤


ただし、ユーザーフレンドリーのため、通常、チューブベースのエポキシ接着剤が推奨されます。また、素手で接着剤を処理することがずっと簡単になります。多くの優れたブランドが提供していますプラスチックへの金属のエポキシ接着剤ボンディングプロジェクト。


エポキシ接着剤を使用することの良い利点の1つは、あらゆる種類の材料を接着する可能性があるという事実です。ただし、結合するには、すべての表面を擦り切れる必要があります。エポキシ接着剤は、他の接着剤と比較して強い結合を作成することも知られています。機能的または移動するプラスチック製品に金属に取り組んでいる場合は、2部構成のエポキシ接着剤を使用する必要があります。金属からプラスチックのような困難な接着プロジェクトを扱うとき、これは市場で最も信頼できるオプションです。

最高の電子接着剤メーカー(20)

プロジェクトにエポキシを使用する場合、表面を準備することができます。これは、エポキシが浸透関数が不十分な粘性接着剤であるためです。これにより、アプリケーションとエポキシ接着剤の取り扱い中にいくつかの問題が発生します。したがって、何らかの形の表面準備が必要です。これは、エポキシ接着剤が追加される前に推奨されます。また、注意すべきもう1つの重要なことは、硬化段階または乾燥段階です。接着するさまざまな表面は、適切な結合を確保するためにしっかりと固定する必要があります。このクランプ作用により、接着剤は、結合するために表面に作成された小さな溝に浸透します。

使用方法の詳細についてはプラスチックへの金属のエポキシ樹脂接着剤、deepmaterialに訪問することができますhttps://www.deepmaterialcn.com/epoxy-adhesives-glue.html詳細については。

関連接着剤製品

deep deep

中国で最高の接着剤&接着剤メーカーでは、私たちの接着剤は消費者の電子機器、家電、スマートフォン、ラップトップ、そしてより多くの業界で広く使用されています。私たちの研究開発チームは、顧客がコストを削減し、プロセス品質を向上させるのに役立つ顧客のための接着剤製品をカスタマイズします。接着剤製品は迅速に配達され、環境に優しいと性能を確保します。

連絡先情報

モバイル:+86- 13825524136

ホームページ

著作権©DeepMaterial(深圳)有限公司